田中 健 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

講師

田中 健
田中 健
整体・ スポーツコンディショニング・ 体幹トレーニング 担当

柔道整復師。


トレーナー活動に強い整骨院グループで院長を務める。得意分野は障害予防、再発防止トレーニング、コンディショニングなど。元中学校英語教員。

  • 田中 健
  • 田中 健
田中先生は、何故この整体業界に?

教員をやっていた時、部活動で生徒の怪我に悩んでいました。


部活が好きな生徒が怪我に苦しみ、それでも部活動をやろうとする姿勢に、何とかしてあげたいと思いました。でも、当時の私には知識がなく、怪我の対処法もたかが知れていて、とても葛藤していたのを今でも覚えています。色々調べているうちに、整体の業界やトレーナーという道を見つけ、知識・技術を蓄えてスポーツ選手をサポートしよう、と思い、中学校の教員を退職して、柔道整復師の資格が取れる専門学校へ進みました。

どうしてウィルワン整体アカデミーで講師をしようと思ったのですか?

教員の経験、整骨院の現場の経験両方を活かせると思ったからです。


私は、柔道整復師の資格を取ってから早い段階で院長を任されたため、逆に知識が足りないことに不安を覚え、日々ストレスを感じていました。そこで、現場を一度離れてもう一度勉強しなおそうと思い、勉強している最中、縁あってプランナーの岩瀬さんと出会いました。教員の経験と院長の経験をウィルワン整体アカデミーで活かしてくれないか?とオファーを頂き、働くことを決意しました。

田中先生から見て、ウィルワン整体アカデミーはどんな学校ですか?

実技だけではなく、解剖生理学などの座学授業をとても大切にしている学校ですね。


現場では様々な症例、疾患と出会います。身体を触る以上、身体の構造を理解していないといけません。知らずに施術して逆に身体を悪くさせてしまっては大変な事ですから。現場に出た時、生徒が困らないためにも、いつも注意しながら見ております。

講師として、指導する際にどういったことを心掛けていますか?

自分で考える力を養うために、「待つ」ことを意識しています。


学校というと、「教える」「伝える」というイメージが強いと思いますが、それだと生徒が退屈してしまうんです。そのため、生徒には「考えて」もらい、その答えを「待つ」ようにしています。


現場で働くと、お客様の身体の状態を見て、自分で仮説を立てて施術をしなければなりません。考える力が養われていないと、結局苦労するのは生徒たちなので、なかなか答えを教えてくれないいじわるな先生と思われるかもしれませんが、あえてこういう授業にしています。

田中先生の一番得意とすることは何ですか?また、それはどんな内容か教えてください。

アスレティックリハビリテーションです。


スポーツで怪我をした選手に対して、早く現場に復帰できるように行うものです。


例えば、「足首の捻挫」を例に説明すると、どれくらいの状態か「評価」をして、必要であれば、テーピングなどで「固定」をして、怪我が治ってきたら「関節の動き」や「筋力」を元の状態に戻して、再発の不安がなくなれば現場に復帰してもらうようにします。


学生やプロのスポーツ選手が多く来院する整骨院で勤務していた経験があるので、現場で使われている技術をお伝えします。


将来、整骨院で勤務したい方や、スポーツトレーナーになりたい方は、勉強しなければならない分野です。


また、最近では、「背骨ストレッチ」というものも得意としています。


肩こりやストレートネックの原因の一つとして、背骨の柔軟性の低下が考えられます。


特に固くなりやすいのは、胸椎という胸の部分です。


マッケンジー法やピラティス、筋膜リリースなどの技術を用いて、背骨の柔軟性を取り戻していきます。


背骨が柔らかくなると、姿勢が良くなり、背骨に付着している筋肉もほぐれ、スポーツパフォーマンスの向上にもつながります。

最後に整体に興味を持っている方へ一言お願いします。

あなたは将来どんな整体師を目指しますか?


誰かのために、何かをしてあげたい!と思える人は、きっと素晴らしい整体師になれるのだと思います。


そんなお考えをもつあなた、是非一度ウィルワン整体アカデミーまで来てみてくださいね。

ウィルワン整体アカデミーの人たち