川島 大和 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

講師

川島 大和
川島 大和
介護整体・タイ古式マッサージ 担当
あん摩マッサージ指圧師資格所持。

都内有名サロン立ち上げに関わり、著名人・芸能人などの施術を担当する一方、インストラクターとしても数多くの施術者、セラピストたちを育て、世に送り出す。

訪問マッサージ、介護施設事業にも携わり、セミナー・ワークショップ講師としても活躍中。

    講師出版のDVD・書籍一覧

    川島 大和

    骨格調整ストレッチ

    なぜ、寝たきりだった94歳女性が、平行棒の中で歩けるようになったのか?

川島先生は、なぜ整体業界に?
もともとは手による治療を研究する立場の人間でした。

日本の大学院とアメリカの大学院で学びながら、研究者として様々な手技療法家の人たちと交流するにつれて

自分自身が手によるアプローチをしてみたくなったのがきっかけです。

また古武術や武道も10代の頃から修行していて、教えてくれた先生方は、やはり整体のようなものを実践していました。

そういった人々や環境の影響も強く、この業界に自然と入っていきましたね。
川島先生から見て、ウィルワン整体アカデミーはどんな整体学校ですか?
生徒さんをはじめ、教える先生方、そしてそれをサポートするスタッフの皆さん、一人一人のモチベーション、意識が非常に高いと思います。

また実技だけでなく、座学をきちんと指導しているところが良いです。

その上でビジネスマナーやマネジメント、プロモーション、コーチングなど人間力を高める機会を設けているところはもっと素晴らしいと思っています。

そして個人的な見解ではありますが、ウィルワン整体アカデミーの雰囲気はとても良いです。

スタイリッシュなデザインのオフィスやスタッフたちの礼儀正しさ、都心にありながら、ホッと落ち着ける感じがしています。

学び舎としては最高の環境ではないでしょうか。
講師として、指導する際にどういったことを心がけていますか?
単にやり方やテキストの順番だけを教えるのではなく、なぜこの手技はこの部位を行うのか?

このやり方の意味は、意図は何なのか?

そういったことも明確にして伝えるようにしています。

現場に出るとわかるのですが、ただ習ったことしかできない人と自分で考え、判断し、行動できる人との違いは、

目的意識が持てるかどうかにかかっていると思います。

技術の習得過程において、生徒の皆さんには、常に目的意識や方向性を明確にして学んでもらえるように配慮しています。

それからもう一つ重要なのは、「体の使い方」です。

私たちの仕事は気をつけないと自分の身体を痛めてしまったり、変な癖がついて施術の効果が上がらないといったことが多々起こります。

教わった手技が「わかること」と「できること」は違いますから、指導の際には、安全で、快適な体の使い方ができるようにアドバイスをするようにしています。

人も自分も傷つけない、人も自分も癒すことができる術、皆さんにはしっかりと伝えていきたいです。
川島先生の一番得意とすることは何ですか?また、それはどんな内容か教えてください。
まずは「体の使い方」です。

私は10代の頃からずっと今日まで体の使い方や動きを研究・実践してきています。

自分にとって楽な体の使い方ができると、技術の習得がしやすくなるのはもちろんのこと、腰痛や腱鞘炎などのいわゆる職業病の予防にもなります。

他の学校ではなかなか教えてくれない「動きの理や利」を皆さんには伝えていきたいです。

もう一つは「経絡指圧」です。

故増永静人先生が残して下さった素晴らしい指圧療法です。

海外ではZen Shiatsu として知られています。

指圧=拇指圧迫

というステレオタイプがあるかもしれませんが、経絡指圧は、拇指圧迫にとどまらず、前腕部、肘、膝などの様々な身体部位を使い、運動法、伸展法など多彩な手技を駆使して経絡にアプローチします。

私は経絡指圧の数少ない継承者として、増永先生から受け継いだものを多くの人々に伝えていきたいと思っています。
最後に、整体にご興味を持っている方へ一言お願いします。
整体というのは、日本が世界に誇れる文化の一つだと私は思っています。

すべての人がプロとして現場に出る必要はなく、子育てや介護、自身の健康にも活かすことができるので、気軽に学んでほしいと思います。

「一家に一人の整体師」

が実現できたらいいですね。

あなたもその一人になってみませんか?
ウィルワン整体アカデミーの人たち