全国の足のむくみを感じている20歳以上の女性1000人に聞いた「女性の足のむくみに関する調査」 「秋は足がむくみやすいと感じる」7割 6割が「面倒くさい」という理由で足の手入れをしないと回答 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > 整体師業界について > 整体業界最新ニュース > 全国の足のむくみを感じている20歳以上の女性1000人に聞いた「女性の足のむくみに関する調査」 「秋は足がむくみやすいと感じる」7割 6割が「面倒くさい」という理由で足の手入れをしないと回答

整体業界最新ニュース
整体業界の最新ニュースをお届けします!

2016.10.18

全国の足のむくみを感じている20歳以上の女性1000人に聞いた「女性の足のむくみに関する調査」 「秋は足がむくみやすいと感じる」7割 6割が「面倒くさい」という理由で足の手入れをしないと回答

※この記事・写真はPRTIMESの許諾を得て転載しています。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000064.000003149.html
===========================================
仕事や家事で疲れ、 一日の終わりに足がパンパンになっているという女性は多いのではないでしょうか。 秋は夏と同じ量の水分を摂取するものの、 汗をかく量は減るため、 足がむくむ女性も多いようです。 そこで今回は全国の20歳以上の足のむくみを感じている女性を対象に「秋は足がむくみやすいと感じるか」や「足のむくみのケアを行なわない理由」など「女性の足のむくみ」に関する調査を行ないました。

 

全国の足のむくみを感じている20歳以上の女性1000人に聞いた
「女性の足のむくみに関する調査」
—————————————–
「秋は足がむくみやすいと感じる」7割
6割が「面倒くさい」という理由で足の手入れをしないと回答
—————————————–
総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、 世の中の動向をいち早く把握するために、 独自で調査を行なっております。 今回2016年9月27日(火)~2016年9月29日(木)の3日間、 全国の足のむくみを感じている20歳以上の女性1000名を対象に「女性の足のむくみに関する調査」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

 

<調査背景>
仕事や家事で疲れ、 一日の終わりに足がパンパンになっているという女性は多いのではないでしょうか。 秋は夏と同じ量の水分を摂取するものの、 汗をかく量は減るため、 足がむくむ女性も多いようです。 そこで今回は全国の20歳以上の足のむくみを感じている女性を対象に「秋は足がむくみやすいと感じるか」や「足のむくみのケアを行なわない理由」など「女性の足のむくみ」に関する調査を行ないました。 報道の一資料として、 ぜひご活用ください。

 

【調査概要】
1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
2.調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、 全国の20歳以上の足のむくみを感じている女性を対象に実施
3.有効回答数:1000名(20代、 30代、 40代、 50代、 60代以上 各200名)
4.調査実施日:2016年9月27日(火)~2016年9月29日(木)

 

◆「女性の足のむくみに関する調査」主な質問と回答
◆秋は足がむくみやすいと感じる?
「とても感じる」と答えた人が15.3%。 「やや感じる」も合わせると69.6%が秋は足がむくみやすいと感じると回答。
◆女性の体を見て、 ここが綺麗だとスタイルが良く見えると思う体の部分は?
1位「脚(太もも・ふくらはぎ)」53.8%、 2位「ウエスト」31.7%、 3位「お尻」9.2%
◆足のむくみについて、 手入れ・ケアを行なわない理由は?
1位「面倒くさいから」63.6%、 2位「時間がかかるから」「やり方がわからないから」30.0%
多くの女性が足のむくみの手入れ・ケアを「面倒くさいから」と感じていると回答。
◆足のむくみを改善する商品に求めることは?
1位「手軽に使える」73.7%、 2位「効き目が目に見えてわかる」60.4%、 3位「即効性がある」51.5%
綺麗だとスタイルが良く見えると思う体の部分は「脚」だと思っている女性は多いものの、 手入れやケアが面倒くさく行なっていない方が多い。 足のむくみを改善する商品は手軽に使える商品が求めている。

 

SC. あなたが現在、 疲れやむくみを感じている体の部分をお答えください。 (複数回答)【n=2485】

 

sub1

 

現在、 疲れやむくみを感じている体の部分をお聞きしたところ、 1位「足」48.4%、 2位「肩」37.4%、 3位「目」33.2%という結果となりました。 この結果から、 女性の約半数が足に疲れやむくみを感じていることがわかりました。

以下、 足のむくみを感じている全国の20歳以上の女性1000名を対象に調査を行ないました。

 

Q1. あなたは、 秋は足がむくみやすいと感じますか。 (単数回答)【n=1000】

 

sub4

秋は足がむくみやすいと感じるかお聞きしたところ、 「とても感じる」「やや感じる」を合わせて約7割の方が「秋は足がむくみやすいと感じている」と回答しました。

 

Q2. あなたが足のむくみについて、 手入れ・ケアを行なわない(行ないたくないと感じる) 理由としてあてはまるものを全てお答えください。 (複数回答) ※ 現在、 手入れ・ケアを行なっている方は、 怠りそうな理由をお答えください。 【n=1000】

 

main

現在、 足のむくみについて、 手入れ・ケアを行なわない(行ないたくないと感じる)理由をお聞きしたところ、 1位は「面倒くさいから」63.6%で、 2位の「時間がかかるから」「やり方がわからないから」30.0%と1位と2位で大きく差がつく結果となりました。

 

Q3. あなたが足のむくみを改善するために、 使用したことのある商品を全てお答えください。 (複数回答)【n=1000】

 

sub2

次に足のむくみを改善するために、 使用したことのある商品をお聞きしました。 結果は1位「着圧(弾性)ソックス」39.2%という結果となりました。 一方「使用したことのある商品はない」と回答した方は30.2%となり足のむくみを感じている女性の約7割がむくみを改善するために商品を使用した経験があることがわかりました。

 

Q4. あなたが、 足のむくみを改善する商品に求めることをすべてお答えください。 (複数回答)【n=1000】

 

sub3

足のむくみを改善する商品に求めることをお聞きしたところ、 最も多い回答が「手軽に使える」73.7%、 次いで「効き目が目に見えてわかる」60.4%という結果となりました。 【Q2】で足のむくみのケアをしない理由として、 「面倒くさいから」が1位という結果から、 手軽に使えて、 効き目が目に見えてわかる商品が多く求められていることがわかります。

 

Q5. あなたが、 人に見られて最も気になる体の部分をお答えください。 (単数回答)【n=1000】

 

sub5

人に見られて最も気になる体の部分をお聞きしたところ、 年代で違いがあることがわかりました。 20代~40代の方が他人に見られて最も気になる体の部分は「脚(太もも・ふくらはぎ)」が1位、 50代以上は「ウエスト」が1位という結果となりました。

 

Q6. あなたが、 女性の体を見て、 ここが綺麗だとスタイルが良く見えると思う体の部分をお答えください。 (単数回答)【n=1000】

 

sub7

女性の体を見て、 ここが綺麗だとスタイルが良く見えると思う体の部分をお聞きしたところ、 20代~50代で「脚(太もも・ふくらはぎ)」が1位という結果となりました。 年代別で見ると、 若い世代ほど、 「脚(太もも・ふくらはぎ)」と回答した方が多い結果となりました。 スタイルが良く見られるためにも足のむくみ改善のためのケアが大切なのかもしれません。

 

Q7. あなたが、 こんな足になりたいと思う、 日本の女性有名人をお答えください。 (単数回答)【n=1000】

 

sub6

こんな足になりたいと思う、 日本の女性有名人をお聞きしたところ、 「米倉涼子」が1位になりましこんな足になりたいと思う、 日本の女性有名人をお聞きしたところ、 「米倉涼子」が1位になりました。 また、 「米倉涼子」とお答えになった方の理由として、 「年齢の割にきれいなので。 ちゃんと自己管理されているのがすごいです。 (62歳/兵庫県)」「むくみがなくてきれいな形をしている。 (43歳/香川県)」という理由がありました。 人に見られて最も気になる体の部分や、 女性の体を見てここが綺麗だとスタイルが良く見える体の部分の1位が「脚」という結果もあり、 この秋は足のむくみケアをして、 ランキング上位の女性有名人のような足を目指してみてはいかがでしょうか。

 

■引用・転載時のクレジット表記のお願い

※本リリースの引用・転載は、 必ずクレジットを明記して頂きますようお願い申し上げます。

<例>「総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが実施した調査結果によると……」

■「アイリサーチ」URL : http://www.i-research.jp

一覧に戻る