足(脚)のむくみを解消するためのセルフストレッチケア【トータルビューティーセラピスト郁子の美容豆知識】 | 整体師の資格を取るなら東京にある整体学校・整体スクール【ウィルワン整体アカデミー】

【トータルビューティーセラピスト郁子の美容豆知識】足(脚)のむくみを解消するためのセルフストレッチケア |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【トータルビューティーセラピスト郁子の美容豆知識】足(脚)のむくみを解消するためのセルフストレッチケア

スクールブログ

2016.12.10佐藤郁子

【トータルビューティーセラピスト郁子の美容豆知識】足(脚)のむくみを解消するためのセルフストレッチケア

こんにちは!

ウィルワン整体アカデミーの佐藤郁子です。

 

佐藤郁子

<ウィルワン整体アカデミー講師の佐藤郁子です。>

 

今日は足(脚)のむくみについてお話しします!

 

 

足(脚)のムクミについて


お客様の施術をしていると、足(脚)についてのお悩みをよく聞きます。

 

例えば、

・だるい
・重い
・疲れる
・冷える
・つる 突っ張る
・硬い 痛い
・太い

 

などなど・・・ 足と脚に関する症状は様々です。

 

もしかしたら、このブログを御覧のあなたも、足(脚)についてお悩みのことがあるのでは???

 

色んなお悩みがある中で、一番多いのが「むくみ」です。

 

まずは、「むくみ」について説明しますね。

 

 

むくみとは???


むくみとは、血管やリンパ管から水分が余計ににじみ出てきて、周りの組織の中に染み込んだ状態のことを言い、医学的には「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれます。

 

全身性と局所性があり、病気、薬物性、低栄養性、妊娠、アレルギー性などの原因がありますが、今日はその他の原因、サロンでよくいらっしゃるお客様の原因をお伝えします。

 

 

むくみを引き起こす14の原因とは?


【原因】

 

1, 塩分の摂り過ぎ
体液の塩分濃度を調整する働きとして、水分を溜めこんでしまいます

 

2, 長時間座っている

 

3, 長時間立っている

 

4, 運動不足

 

5, 筋力低下(寝たきり)
筋肉のポンプ作用が使われないので、血液とリンパ液の循環が悪くなってむくみが起きます。

 

6, 身体の冷え
冷えによって水分の代謝が悪くなりむくみにつながります

 

7, 水分代謝
冷たい飲み物の飲み過ぎ、汗をかく機会がない、排尿回数が少ない、水分量が多いことで体内に水分が滞りむくんでしまいます。

 

8, アルコールの摂り過ぎ
血液濃度を一定に保つために水分を取り込む作用が強くなるのでむくみ安くなる。また、アルコールはミネラル分を体外に排出させるのでミネラルバランスが崩れてむくみにつながる。

 

9, 体温調節不調
温度変化のない環境で過ごしていると、体温調整機能が鈍くなり(自律神経のバランスが崩れる)水分代謝が悪くなってむくんでしまう。

 

10, 骨格の歪み
骨盤、膝、足首などの骨格の歪みが、下半身の筋肉に余計な圧力がかかり、血液循環を悪くしてムクミを起こす場合もあります。
(これに関して言えば、私は10年前ぐらいにピラティスとヨガで骨盤のトレーニングをして歪みにくい姿勢を覚えてから足と脚がむくみにくくなりました!)

 

11, 窮屈な洋服や下着、靴
局所的に締め付けが起きると、ムクミにつながります。

 

12, 睡眠不足
睡眠には自律神経を整える働きがあります。良い睡眠をとれていない人はむくんでしまうことがあります。

 

13, ホルモンバランスの異常
特に女性は生理の前後にホルモン分泌が変動し、自律神経が不安定になって顔や手足がむくむと言われています。

 

14, 老齢
筋力低下、水分代謝の低下、などによってむくみを引き起こすことがあります。

 

◎原因はたくさんありますが、なぜむくんでしまうのか、一緒に原因を見つけ出してあげて、その改善と予防策を提案してあげると、お客様はとっても喜んでくれます!

 

*静脈瘤や病気によるむくみ(リンパ節の切除) の方は担当医師の許可をもらってから施術をしてくださいね。

 

足(脚)のむくみを解消するセルフケア方法を動画で…


最後に、足(脚)のムクミを解消するために、

自宅でできるカンタンなストレッチ、セルフケア方法をお伝えします。

 

下記リンク先に、セルフケアの動画を載せていますので、どうぞご参考にしてみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://youtu.be/xXYhfK6ePa0

 

いかがだったでしょうか?

 

ベッドで寝ながら、テレビを見ながら、歯磨きをしながらだってできるセルフケアなので、

なかなかセルフケアとか筋トレとか続かない、って悩んでいる方にもおすすめです!

 

来週は、食べ物や生活習慣のアドバイスをお伝えします。

カテゴリ:,

一覧に戻る