【初歩から学ぶからだのしくみ】足のアーチと扁平足 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【初歩から学ぶからだのしくみ】足のアーチと扁平足

スクールブログ

2016.12.07講師コラム

【初歩から学ぶからだのしくみ】足のアーチと扁平足

みなさんこんにちは。傘をさすのが下手

長坂です。

 

長坂仁誌

<ウィルワン整体アカデミー講師の長坂仁詩です。>

 

【初歩から学ぶからだのしくみ】をはじめていきましょう。
※用語は基本音読みです。

 

 

足のアーチと扁平足


扁平足という言葉は有名ですね。足の裏の土踏まずがなくなって平たくなっている状態です。

けれどこれって何がいけないのでしょうか??

 

長坂「吉田さん、扁平足になると足がどうなっちゃうと思う?」
吉田「…足が……遅くなる
長坂「!??
うちの事務員が心配です。

 

 

足のアーチ=足弓


今回はちょっとマニアックな話題!

解剖学では、足のアーチのことを足弓[そくきゅう]と呼びます。

足弓は、足根骨と中足骨の配列がつくり、足底[そくてい(足の裏)]に掛かる衝撃を和らげてくれます。

ちょっと詳しくいえば、足弓にはいくつかの種類があります。縦に走る内側縦足弓[ないそくじゅうそくきゅう]外側縦足弓[がいそくじゅうそくきゅう]、また横方向には横足弓[おうそくきゅう]が形成され、内側縦足弓と外側縦足弓の間を結びます。

そして、これらのアーチによって、足首に掛かる荷重は、踵骨、第5中足骨先端、第1中足骨先端の3点に分散されます。上手くできていますね!

 

 

ANT-6-02-Q02

 

 

足弓は、靭帯・筋の働きで維持されています。特に靭帯(骨と骨とをつなぐヒモ)は強固に張って、足弓に重力が加わってもアーチをつくる骨がバラバラにならないように支えてくれます。

 

 

扁平足とは


3つのアーチのうち、内側縦足弓の低下した状態。簡単に言えば「土踏まず」がなくなった状態のことです。

扁平足ではアーチによるクッション作用が弱くなってしまうため、足が疲れやすい・足が痛いなどの症状が現れやすくなります。大人でみられる扁平足の原因としては、加齢によって筋力が落ちたり靱帯が弱ることが考えられます。

なお、裸足で暮らす人で土踏まずがなくなる場合がありますが、これは特定の筋が分厚くなったもので扁平足とはいいません。ちなみに、幼児も土踏まずがありませんが、時期的に皮下脂肪が厚くなって扁平足っぽくなっているだけで、3歳から7歳くらいで自然に土踏まずがつくられていきます。

御入用ならネタとしてどうぞ。

 

 

押さえるポイント


・足弓の役割と種類

・土踏まずについて

カテゴリ:,

一覧に戻る