【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】肝臓の役割って??? |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】肝臓の役割って???

スクールブログ

2016.11.03福本美紗

【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】肝臓の役割って???

っはい!今日もやってまいりました木曜日(=゚ω゚)ノ
木曜ブログ担当の
ウィルワン整体アカデミー講師の福本です!

 

福本美紗

<ウィルワン整体アカデミー講師の福本美紗です。>

 

前回は、マイナーな輸尿管について
お話ししました。

 

今回は、肝臓についてお話ししていこうと思います。

 

普段の日常の中で「肝臓」というと
恐らく連想するのは、お酒を多く飲む!っというイメージがあると思います。

 

肝臓は痛みが特別ある分けではないので、

 

「今日は、肝臓が痛いなぁ〜」

 

なんて、ないですよね!

 

なので、「沈黙の臓器」っとも呼ばれたりするそうです。

 

臓器の中で最も大きく、4/3を切除したとしても、
半年後には、元に戻るっというびっくりな回復力を持ち合わせているそうです。

 

そして、肝臓はアルコールの解毒だけではなく
身体にとって、とても大切な仕事も担ているのですね!

 

本日はそんな肝臓の大切な役割についてもご紹介いたします。

 

肝臓の役割 その1


肝臓の役割として、まずは、胆汁を作って消化や脂肪の吸収を助けてくれています!

 

ここは、女子的には重要なところですよね!

 

実は、この胆汁には「」が含まれており、
この酸が、脂肪を乳化させて、身体への消化、吸収を助けてくれているのです(*´ω`)

 

この胆汁が十分生成されていないと、消化不良によって
便を硬くし、便秘の原因ともなってしまう可能性があるのです。

 

ここまでの間に、我々「女子!」にとって
非常に重要なキーワードが二つも出てきましたね(笑)

 

健康美人は、この肝臓が素晴らしく仕事をしているのかもしれません・・・・。
侮れません「肝臓!!!」

 

 

body_kanzou_good

サツマイモじゃありませんよ(笑)

 

肝臓の役割 その2


そして、その他にも、肝臓は、栄養を加工したり、貯蔵をしたりしてくれてもいます。

 

炭水化物、脂質、タンパク質をエネルギーに変えるのに、重要な臓器です。

 

例えば、炭水化物に含まれるブドウ糖は小腸から吸収されて、肝臓に送られ、
グリコーゲンという物質に加工され肝臓え貯蔵されます。

 

そして、栄養が不足した時に、身体の要求に応じで、再度ブドウ糖に戻して
エネルギーの元として活用されていくのです!

 

また、貯蔵するだけでなく、アミノ酸を合成してタンパク質を作り
肉や骨、血液といった体を構成する組織も支えています。

 

なので、体内の化学工場ともいわれいたりするのですね(*´ω`)

 

肝臓の役割 その3


そして、最後に!

毒を中和するという、解毒も行っています。

 

体内の化学工場でもある肝臓はタンパク質を作る際に生成される
毒性のアンモニアや有害な物質も無毒化する事をしています。

 

このアンモニアが疲労物質としても言われており肝臓が疲れて、機能が低下してしまうと
この解毒も追いつかなくなります。

 

なので、寝ても寝ても疲れがとれないであったり不眠や傾眠、脱力感など

 

症状がもっとひどくなると脂っぽく悪臭がする便(脂肪便)や食欲減退などの
症状が現れたりする事もあります。

 

不眠や傾眠は質の良い睡眠とは言えませんから、
体力だけでなく、精神疲労や脳疲労にもつながってしまいます。

 

以前に、副腎のお話しをしましたが、この肝臓は、副腎とも密接な関係があり
疲労に重要な影響を与える副腎皮質ホルモンの分泌やセロトニンなどの分泌を低下させてしまう可能性もあるのですね・・・。

 

なので、便秘や消化不良といった場合であったり、不眠や、疲労が取れづらいっという方には
脳の反射区や胃や腸の反射区だけでなく、腎臓、副腎と合わせて肝臓をしっかりと施術を施してあげる事で
効果も期待が出来る構成を作り出す事が出来るのですね!

 

それでも、心配な方には
更に、食べ物から肝臓を元気にするアドバイスをしてあげると
とても、喜ばれます(^◇^)

 

肝臓を元気にする食べ物


例えば、肝臓の解毒を助けてあげる栄養素が入った食べ物ですね!

 

ブロッコリーや芽キャベツ、ニンニクや玉ねぎなんかは多く含まれていると言われています。
又は、りんごやグレープフルートは炎症を防いでくれたり、浄化作用が強いとも言われています。

 

あとは、実際にアルコールを控えるっというのも重要な事ですね!

 

休肝日として「男性は1日、女性は2日」っと言われていますから、
体内の化学工場にも、お休みは必要ですね!

 

もちろん、適度な運動もとっても大切な事です!

 

今日から皆で健康的な肝臓美人を目指して歳をとっても、美味しいものが
食べられる身体を守り続けましょう!!(*´ω`)

 

では、本日はこれまで( `ー´)ノ

カテゴリ:,

一覧に戻る