【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】腎臓の働きとは?〜8つの仕事をかけもつ働き者〜 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】腎臓の働きとは?〜8つの仕事をかけもつ働き者〜

スクールブログ

2016.10.13福本美紗

【リフレクソロジスト福本の施術ブログ】腎臓の働きとは?〜8つの仕事をかけもつ働き者〜

はい、木曜日ですね!
こんにちわ!福本です。

 

福本美紗

<ウィルワン整体アカデミー講師の福本です>

 

今日も、リフレクソロジーの面白い話し!

 

っという事で、今日は代表的な反射区「腎臓」にピックアップしてみようと思います。

 

まずは、腎臓の働きについて知っておく事が大切ですね!

 

一般的にリラクゼーション店に行き、リフレクソロジーを行い、
腎臓を押され、鈍い痛さや、硬さを感じた時には
「腎臓がお疲れなのですね〜」
なんて、声を掛けられますよね!
腎臓が疲れているってなんなの?

 

なんて質問したりなんかして、、、

 

そうするど、大体のセラピストが、

 

「腎臓は主に老廃物の排泄などを行っているんですよね〜」

 

なんて会話をします。

 

「それで?」

 

なんて、会話で終了してしまって

 

「っあ!こっちも硬いですね〜!」

 

なんて、ごまかしたりなんかしちゃったり笑

 

意外といますよ、こんなセラピスト・・・笑

 

そうならない為にも、しっかり臓器の知識は入れておきましょう!!

 

腎臓は、8つの仕事を掛け持つ、働き者


まずは、1つ目!

「老廃物の排泄をしている」

 

ザ!腎臓のお仕事ですね!

老廃物といっても主に尿素を排泄しています。
体のなかで不要になった重金属、薬剤、有害物質などを排泄しているのですね!

 

なので、どうしても毎日飲まなきゃいけない薬を除いて,
サプリメントなど、なんだか最近効かなくなったな〜(´・ω・`)
なんて感じた時には、腎臓が仕事しすぎて疲れている時ですね!

 

少し、腎臓を休ませてあげる意味も込めて、あえて、サプリメントを飲まずに
1日空けてあげると、効果が戻ってきたりすることもありますね(^^♪

 

2つ目のお仕事!
水分調節(水分の出納)

 

腎臓では尿の濃さや量を調節し、身体の中の水分を一定に保っていてくれるのですね!
たとえば、体の中の水分が少ないときは尿は濃く量が少なくなり
逆に体の中の水分が多いときは、尿は薄く量が多くなったり…

 

出る水分と入る水分のバランスがこの腎臓によって保たれているんですね!

 

ただ、水分の出納のバランスはこれ以外にも崩れたりしますが
このお話しは、また別の時にお話ししましょう( *´艸`)

 

では、3つ目!
電解質の調節

 

電解質には、Na・K・Ca・・・っと様々な種類があります!
気になる人は調べてみてね( *´艸`)

 

腎臓ではこれらの電解質の血液中の濃度を正常に保ってくれているのですね!!
この仕事は、4つ目の仕事に繋がる大切な部分で

 

4つ目の仕事は

血液を弱アルカリ性に保つ」というお仕事です。

 

血液は「ph(ペーハー)」といってアルカリ性と酸性の濃度を示す名前なのですが
血液はph7.4で弱アルカリ性に保たれているとされています。

 

腎臓では、アルカリ性物質を作り、体にたまった酸性物質路を中和し
血液を弱アルカリ性に保ってくれているのですね!

 

この電解質の度合いが崩れれば、phも変わってしまい
血中濃度が、酸性に傾いてしまうのですね。

 

傾いてしまうと、どんな事が起こるのか
それは、免疫力の低下や、腎不全や糖尿病などの原因にもなってしまう
可能性があるんですね。(´;ω;`)怖いょ〜

 

5つ目のお仕事!
造血刺激ホルモンの分泌

 

もう、なんぞや!って感じですよね。
この名前だけみると、ちょっと強そうみたいな・・・。

 

でも、実は「エリスロポエチン」っという名前でもあり
いきなり、ポエチンっとか可愛い名前になっちゃうんですね笑
もはや、友達かのように呼ぼうと思います笑

 

このポエチンは、赤血球を作る為の材料の一つで、
赤血球は骨髄で作られており
腎臓はこのポエチンを分泌し、骨髄に赤血球の生産を促しくれているのですね!
ポエチンすごい!

 

そして、6つ目!
ビタミンDの活性化

 
ビタミンDは、食物から取るか、日光の紫外線により皮膚でつくられています。
その後、肝臓で一度変化され、腎臓で活性化されて、活性型ビタミンDに変身するのですね!
活性型ビタミンDは腸から血液中へカルシウムの吸収を助けています。
そして、骨をじょうぶに保つ働きもあるのですね!

 

7つ目!
血圧の調節

 

血圧が下がり、腎血流量が減少すると
腎臓からレニンというホルモンが分泌され、血圧上げるように働きます。

 

腎臓がなんらかの理由で、仕事を放棄すると、このレニンの分泌が変わり
高血圧や低血圧になったりするのですね!

 

最後の8つ目!
不要になったホルモンの分解・排泄

 

ホルモンは、血液中に分泌されている物質で
それは微量ですが、身体の機能をいろいろと調節してくれています!

 

腎臓は身体にとって不要なホルモンを壊したり、捨てたりしてくれているのですね!

 

インスリンや成長ホルモンなどなど、これらを調節してくれている事で
私たちは健康な状態を保っていられるんですね!

 

これらを踏まえて、本当にお疲れなのか、何が原因で疲れているのかを
見極める目を養いましょう!

 

では、本日はこれまで!
また、木曜日にお逢いしましょう(^^)/

カテゴリ:,

一覧に戻る