【パーソナルトレーナー駒井のつぶやき】首を後ろに回してはいけない理由… |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【パーソナルトレーナー駒井のつぶやき】首を後ろに回してはいけない理由…

スクールブログ

2016.10.10講師コラム

【パーソナルトレーナー駒井のつぶやき】首を後ろに回してはいけない理由…

こんにちは

ウィルワン整体アカデミーの駒井です。
駒井政一

<ウィルワン整体アカデミー講師の駒井政一です。>

 

このブログを読んでいる方で、スポーツジムなどでエアロビクスを行っている方もいらっしゃると思いますが、首を回すとき、横⇒前⇒横に回していると思います

 

後ろには回さないんです!

 

さーなぜでしょうか???
(ちなみに20年以上前は回してました)

 

⇛答えは、死亡事故が多発したからです

 

エアロビクスで死亡事故??


日本のエアロビクスブームより少し早かったアメリカのエアロビクスでの出来事

 

音楽に合わせて激しく体を動かすエアロビクスの最大心拍数は180以上

 

この状態で、首を後ろに回すと首の前側の筋肉が動脈を圧迫して「パン」と破裂する事故が多く、

1つのレッスンで数名亡くなることもしばしばあったようです。

 

それ以来、エアロビクスの団体は「これからは首を後ろには回さない」を決定しました。

 

それが広がり、今ではどんな運動でも行われなくなりました

 

ただ、今でも一つだけ行われていることが…


現在でも、唯一行っているのが、夏休みの「ラジオ体操

 

ラジオ体操を普通に行う分には問題ありませんが、始まる時間に間に合わせようとダッシュで参加する小学生

 

かなり心拍数が上がった状態で始めるとちょっと危険かも。。。?

 

昔、私もカードのスタンプ欲しさによく走ったものです(懐かしい)

 

走って向かうのであれば、一度一呼吸置いてから始めるようにしましょう。

 

 

カラダの仕組みを理解することが、自分の身を守り、事故を防ぐための一例でした。

カテゴリ:,

一覧に戻る