からだの痛みの本当の原因とは?〜ヘルニアで悩まされたAさんのお話〜 |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > からだの痛みの本当の原因とは?〜ヘルニアで悩まされたAさんのお話〜

スクールブログ

2016.09.16吾妻大樹

からだの痛みの本当の原因とは?〜ヘルニアで悩まされたAさんのお話〜

こんにちは

毎週金曜日は吾妻です。覚えてくださいね。

 

顔写真まとめweb用002_07

<ウィルワン整体アカデミーの講師、吾妻です。>

 

 

パソコンやスマートフォンのハイテク化に伴い、人は座って液晶画面を見ているだけで、
仕事や知的欲求を完結できるようになりました。

 

これ自体は素晴らしいことですが、それに比例して、
肩こりや腰痛のような運動器疾患(筋肉や骨格の疾患)を患う人が増えているのは気がかりです。

 

しかし、これらの悩みで医療機関を受診した場合、どのような診断、そして治療を受けるでしょうか?

 

これは、私がお店を開いていたときに来た、お客さまのお話です。

 

 

ヘルニアに悩まされた、Aさんのお話


仮にAさんとしましょう。

 

Aさんは30代の主婦、お子さんが2人ほどいらっしゃいました。

 

結婚してから妊娠して仕事を辞め、お子さんを2人授かり、
毎日、育児と家事に追われる毎日を過ごされていました。

 

お子さんを抱えたり、毎日重いスーパーの袋を持ったり、、、

 

日に日に腰に疲労が蓄積され、気づけば腰にしびれと痛みが、、、

 

変だなと思ったとき、病院に行ってみると、
「ヘルニア」と診断。

 

骨が突出しているのがMRIでも分かり、整形外科医からは

 

「すぐにでも手術をしたほうがいい」

 

と言われたそうです。

 

画像から見ても明らかで、
この痛みをどうにかしたい!と思っていたAさんは手術を快諾。

 

特に何事もなく手術は終え、家族お迎えのもと、退院されたそうです。

 

「やっとあの痛みから解放される」

 

そう思ったのもつかの間、退院して1週間後、体に違和感を感じました。

 

手術で突出部分を除去したにも関わらず、痛みがまったく取れていないのです。

 

手術をしてくれた整形外科医に聞いてみても、

 

「原因不明」

 

と突き返されるばかり。

 

どうにかならないか、と思って、私のお店にお越しいただきました。

 

「どうにかしてあげたい」

 

そう思って、お客様の体を触ってみると、ある部分が歪んでいることがわかったんです。

 

その歪みを取ってあげると、今まで悩んでいた痛みが嘘のよう

 

一瞬で痛みが引いたそうです。

 

「こんなことなら手術しなくてもよかった…」

 

痛みが引いた嬉しさと、手術で残った術跡についてか、Aさんは泣かれていました…

 

 

原因不明と言われる、からだの痛みとは


実は、こういうケースは珍しくありません。

 

ヘルニアで突出してしまっている骨そのものに痛みはなく、
その他の部分が原因で痛みがでることは、ふつうにあります。

 

では、なぜこのようなことが起きるのか。

 

それは、医療の目覚ましい進歩が原因の一つとしてあげられると私は考えています。

 

レントゲンやX線、MRIが進歩し、画像診断が鮮明になり、
その画像を一目見るだけで、異常がどうかがわかるようになりました。

 

逆に言えば、画像に何も問題がなければ、

 

「原因不明」

 

と、言われてしまうこともあるようです。
(目の前で患者さまは痛みに苦しんでいるにも、です。)

 

 

 

本当の痛みの原因は私生活にあります


ここからは私の所見ですが、

 

痛みの原因がどこにあるかというと、私生活における生活習慣にある、と私は考えています。

 

例えば、

 

・日常的に足を組んでいる
・重いものを持ち上げるときに、立ちながら持ち上げる
・覗き込むようにパソコンを見ている

 

など。。。

 

日常生活における”異常”が、徐々に蓄積されることで、痛みとして体に現れるのです。

 

そのため、”痛み”だけに注目した鎮痛剤やブロック注射では、
その場の痛みはすぐにとれますが、結局ぶり返してしまうことが多いようです。

 

なぜなら、私生活が改善されていないからです。

 

「なぜ腰痛が起きているのか?」「なぜ肩こりができてしまうのか?」

 

これらの問いは、今後の重要なテーマです。

 

なぜなら、

 

「どうやったらこの痛みは一生起きなくなるのか?」
「眠れないほどの痛みを、どうやったら味わわなくなるのか」

 

ということに患者さまは興味関心を持っているからです。

 

医学の進歩によって、いままで治すことのできなかったような難病を治せるようになったこと、
医学の発展について、私は大変嬉しく思っています。

 

一方で、世の中の最たる悩み「肩こり・腰痛」が、年々増えてしまっていることも、
見逃すわけには参りません。

 

画像診断はできないけれど、こんな時代だからこそ我々施術者の出番ではないのか

 

そう思っています。

 

一人でも多くの方が健康であり続けられるために、

今日も私は学生に、体の大切さを教えてまいりたいと思います。

 

それでは、来週の金曜日に

カテゴリ:,

一覧に戻る