【初歩から学ぶからだのしくみ】乳幼児の頭の骨にあるスキマ |整体学校・スクールなら【ウィルワン整体アカデミー】

  • 03-6276-7772 [受付時間]月~日 10:00~21:00
  • 無料見学・体験会
  • 資料請求

整体学校TOP > スクールブログ > 【初歩から学ぶからだのしくみ】乳幼児の頭の骨にあるスキマ

スクールブログ

2016.08.31講師コラム

【初歩から学ぶからだのしくみ】乳幼児の頭の骨にあるスキマ

みなさんこんにちは。

スヌーズ機能をスムーズ機能だと思っていた、長坂です。

 

ngsk

<ウィルワン整体アカデミー専任講師の長坂です>

 

本日は水曜日ですので、【初歩から学ぶからだのしくみ】をはじめていきましょう。
※用語は基本音読みです

 

乳幼児の頭の骨にあるスキマ

 

頭の骨のうち、頭部の上半分の丸い部分のことを頭蓋冠(とうがいかん)といい、脳を納める空間をつくります。そんな頭蓋冠に「子供にしかないスキマ」があるのはご存知でしょうか。

 

頭蓋冠の基礎

 

頭蓋冠は、前頭骨、左右の頭頂骨、後頭骨がそれぞれが縫合(ほうごう)という縫い目のような方法でつながりあってドーム状を呈した構造です。

 

頭蓋冠は成長とともに硬い骨ができて完成しますが、胎児期にはできあがっていないため、分娩のときには頭を多少変形させられるようになっています。

 

生まれたあとの新生児でも、縫合の交点ではまだまだ硬い骨になれていない部分が残っていて、これを泉門(fontanelle)と呼びます。泉門は生後2~3年で完全に閉鎖します。

 

ちなみに、泉門はラテン語のfons「泉」に由来しています。泉門直下の血管が拍動すると泉門がピコピコと動き、その様子が湧き出る泉のように見えるから。とも言われています。

 

ANT-6-02-Q02

 

施術者として

 

生後2~3年の乳幼児を施術する機会はそうそうありませんが、未成熟な部分である泉門は、古典的な施術禁忌(押しちゃダメ)の部位なので、一種の教養として知っておきましょう。

 

押さえるポイント

 

・泉門は押しちゃダメ!
・泉門は生後2~3年で閉鎖する。

 

いかがだったでしょうか。

それでは、来週の水曜日にまたお会いしましょう!

カテゴリ:,

一覧に戻る